日下 紗矢子

日下紗矢子(ヴァイオリン)⇒日下率いる室内オケ2019年来日公演情報はこちらへ
Sayako Kuasaka, violin

兵庫県出身。東京藝術大学附属音楽高等学校を経て2001年同大学を首席で卒業。米・南メソディスト大学に留学、同大学院アーティストコース卒業。2006年より文化庁派遣芸術家在外研修員としてフライブルク音楽大学に留学。田渕洋子、浦川宜也、清水高師、エドアルド・シュミーダー、ライナー・クスマウルの各氏に師事。1995年イフラ・ニーマン国際ヴァイオリンコンクール第1位。2000年パガニーニ国際ヴァイオリンコンクール第2位、併せてカプリース最優秀演奏賞受賞。日本音楽コンクール第1位、併せて増沢賞、レウカディア賞、鷲見賞、黒柳賞受賞。シベリウス国際ヴァイオリンコンクール第3位。2002年ロドルフォ・リピツァー国際ヴァイオリンコンクール第1位、併せてバッハ賞、モーツァルト賞、現代曲賞など7つの副賞を受賞。芸大内で福島賞、安宅賞、アカンサス音楽賞、NTTドコモ賞受賞。1995年京都芸術祭奨励賞、1998年青山音楽賞、1999年大阪芸術祭奨励賞、2005年音楽クリティック・クラブ奨励賞、2009年第19回出光音楽賞、2013年ミュージックペンクラブ・ベストニューアーティスト賞受賞。読売日響、新日本フィル、東響、日本フィル、東京フィル、大阪センチュリー(現・日本センチュリー)響、京響、オストロボスニア室内管、クレメラータ・バルティカなど国内外のオーケストラと共演。ロッケンハウス音楽祭ほか著名な音楽祭へも多数出演。2008年ベルリン・コンツェルトハウス管弦楽団第1コンサートマスター就任。翌2009年に設立されたベルリン・コンツェルトハウス室内オーケストラのリーダーも務めている。2009年および2010年にアレッシオ・バックス(Pf)と日本ツアーを行い好評を博す。2011年1月ベルリンの日本大使館で行われた「日独交流150周年」オープニング式典ではドイツ大統領出席のもと演奏を披露。同年4月東日本大震災チャリティ公演をベルリンで主宰し、日本のメディアでも多数報道された。また2015年には、日本とドイツの文化交流に大きな貢献があったとしてベルリン駐在日本大使より「在外公館長表彰」が贈られた。2010年より3年連続全3回シリーズの「トッパンホール・エスポワールシリーズ」出演。2012年東京オペラシティ主催BトゥCリサイタルシリーズ(東京・大阪)出演。2013年オズガー・アイディン(Pf)と日本ツアーを行う。CD「Sayako Kusaka Solo Violin」(HERB-011)、2013年リリースのCD「リターン・トゥ・バッハRETURN TO BACH」(COCQ-84998)は、平成25年度(第68回)文化庁芸術祭賞レコード部門「優秀賞」受賞、また「レコード芸術」誌上で「特選盤」に選出される。2013年「ベルリン・コンツェルトハウス室内オーケストラ」の初来日ツアーを成功させ、続く2015年の再来日ツアーではNHKが公演の模様を収録。NHK-BS「クラシック倶楽部」、NHK-Eテレ「クラシック・ハイライト2015」「クラシック音楽館」、NHK-FM「ベスト・オブ・クラシック」でオンエアされた。2014年から2019年まで東京・トッパンホール主催「日下紗矢子・ヴァイオリンの地平」シリーズ(全4回)に出演。2019年4月ロームミュージック フェスティバルにて、メンデルスゾーンのヴァイオリン協奏曲を演奏予定。今年12月には自身が音楽監督を務める「ベルリン・コンツェルトハウス室内オーケストラ」日本ツアーが予定されている。2013年読売日本交響楽団コンサートマスター就任(2017年度より特別客演)、日独両オーケストラのコンサートマスターを兼務しながら、オーケストラ、室内楽、ソロと活発な活動を展開している。ベルリン在住。(2019年3月現在)

次の記事

瀧村 依里